メニュー

聴こえをカバーするなら

補聴器

様々なタイプがあります

体の機能は年齢と共に衰えていく傾向にありますが、耳が聞こえにくくなる難聴の悩みを抱える人も少なくありません。難聴になる原因も鼓膜の損傷や内耳や神経の老化、薬の副作用や精神的なストレスなど実に様々なものがあります。高齢の人に多い症状ですが、ヘッドホンや大音量のコンサートなどが原因で難聴になる場合もありますので若い世代にも注意が必要です。難聴が進行してくると日常の会話にも支障が出てきますが、一度衰えた聴力を元に戻すことは簡単ではありません。より手軽に聴力を取り戻すのであれば補聴器の利用も検討してみましょう。補聴器は実に様々なタイプがありますが難聴の程度により合うものは違いますのでそれぞれの症状に合うものを選ぶことが大事です。より自然に聞こえるタイプのもの、騒音に強いものを選んでおきたいですし、長時間も快適に利用できるよう快適に使えるタイプであることも大事です。目立たない補聴器を選ぶのであれば、耳穴にすっぽりと収納できる耳穴式がおすすめです。現在では特に主流となっており、それぞれの耳穴の形状と聴こえに合うものをオーダーで作ることができます。この他では耳に掛けて使うタイプの耳掛け式も扱いやすいことで人気となっていますし、ポケットに収納して使うタイプのポケットタイプや眼鏡のつるに補聴器が内蔵されている眼鏡タイプもあります。価格も比較的安く購入できるものから、数十万円と高額なものまで幅広く用意されていますので予算も決めておきたいところです。

Copyright© 2018 難聴を緩和させる補聴器選び《高齢者というイメージを払拭》 All Rights Reserved.